スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

技術は売り物じゃない! 

今日は、ちょっとシリアスな話題。

美容師になって、
今年で早いもので16年目。

ちょっと一言いいですか??



美容師っていう職業、
サービス業?技術職?接客??アーティスト?!

きっとどれも間違ってないんだけど、
僕の中では、
どれもピタッとこないんだよなぁ…

敢えて括ってしまうなら、
僕は、デザイナーであり続けたい。
まぁ、なにかと分類して当てはめちゃう事自体が、
ナンセンスな気もするんだけど…


毎日、たくさんの人の髪を切らせていただく。

もちろん切るだけじゃない。
薬を使って形を変えたり、色を変えたり。

髪の毛という素材を、どうやってデザインしていくか、
デザインを通して、
髪の毛を預けてくれるクライアントに
何が提供できるのか…

いつもその答えを探して、
自分の五感を、第六感をもフル回転させて、
今日も、一生懸命にデザインする。


僕が売っているものは、
僕が創るヘアデザインであり、
自分自身だと思っている。


技術?
プロなんだから、出来て当たり前。

毛流や骨格に合わせてカットします?
そんなの当たり前じゃない?
そんな事も考えずに、適当にカットしているとしたら、
そんな人は美容師じゃない。
ただ切るだけなら素人でも出来る。

使っている薬は一流メーカーです?
どこのメーカーか、一流かどうかなんて、
お客様には何の関係もない。
一人一人の毛髪の状態を、
的確に把握して、常にBESTな薬剤を選択するのがプロの役目。
本当に必要なものが、
零細メーカーにしかないことだってある。
どこの薬剤を使うかより、何が必要なのかをちゃんと勉強する事。



何かスゴい熱くなってしまった…(汗)

技術は、常に変わっていくもの。
どんどんバージョンアップしなきゃおかしいし、
もっともっとブラッシュアップして進化させなきゃ!!
15年かかって、やっと髪の毛の方が、
僕のいう事をきいてくれるようになってきた。
思い通りのデザインが作れるようになってきた。
でもまだまだ僕の中では95点…

もっともっと上手くなりたい…

積み重ねて、削ぎ落として、考えて考えて
きっと完成しないからこそ、面白い

自信を持って、
自分がその時に出来るBestの技術でデザインを創り上げる
その人だけのために、
その時にしかできないデザイン


技術はプロセスであって、商品じゃない。


僕の価値観に共感してくれる人達が、
僕の創るデザインを受け入れてくれて、
僕という存在を認めてくれる…
そんな美容師でありたい


僕が売っているものは、
僕が創るヘアデザインであり、
自分自身だと思っている。



まだ技術の安売りをするんですか??
自分を安売りするんですか?

もっと自分の価値を高める努力をしませんか?



スポンサーサイト

[2006/05/27 16:10] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masa6227.blog66.fc2.com/tb.php/9-522b9834









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。