スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シャンプーってさぁ…? 

先日も一度シャンプーの話をしたことがあるんだけど…

皆さん!今使っているシャンプーは、
ホントに自分に合ってますか??
髪のダメージ、ケアできてますか?


実はね、最近頭皮の悩みをよく相談されるんです。

一番多いのは、ベタ付く。髪がベタ付いてフンワリならない。

で、こんな悩みを持つ人に、ある共通点が…。

市販のダメージケア用品を使っている。
もしくは今流行の艶髪アジアン系の商品(敢えて商品名は伏せますが…)。

ダメージケアは良いんです。是非やっていただきたい!
髪をいたわる、もっと綺麗にしたい。ダメージが気になる。
そんな意識の高さ、大歓迎です!!

ただね…今は、ネットでも色んな情報が氾濫してるし、
広告に踊らされている感も否めない。
あのメーカーの何某が良いらしい。あの商品はメチャ効果があるらしい…。
でもね、ヘアケアもスキンケアも同じなんです。
本当に自分の症状、状態に合ったモノでないと、全く意味がない。
っていうか、むしろ逆効果になっていることの方が多いかも…。

市販のモノが全て悪いとは言いません。
でも明らか粗悪なモノが多いのも事実。

というわけで!
ちょっとココで、簡単な見分け方を教えます!!

シャンプーやトリートメントなどは化粧品なので、裏面などに必ず内容の全成分が表示されています。(頭皮ケア用など薬用のモノは医薬部外品なので除外します)
貴方のシャンプー、ラウリル硫酸??って書いてありません?これは高級アルコール系の界面活性剤(洗浄成分)の名前。
この洗浄剤は、
まず、洗浄力が非常に強い。なのでパーマをかけている人は、パーマがとれやすくなる。特にかけた直後にやたらとれてしまう人は要注意!カラーをしている人は、色落ちがメチャ早い。当然、ダメージのあるデリケートな状態の髪は傷みまくります。
そして、刺激性が強い。ちなみに僕は肌が弱いので、この手のモノを使うと、耳は霜焼けみたいに腫れ上がってガサガサになります。頭皮も痒くなるし、おでこや襟足が赤くなったり皮がむけたりします。
洗浄力が強い=脱脂力が強いので、本来なら髪の毛があり得ないくらいギシギシになります。(ってか、お風呂用とかキッチン用の洗剤と同じ洗浄成分だから当たり前なんだけど)
何でこんなモノ使うのって?そりゃ原料コストが限りなく安いからです。じゃなきゃ、TVCMに何億円もかけられるわけないしょ。あんだけ広告宣伝費がかかってんのに、ドラッグストアで何百円とかで売っても利益出るんだから。

ちょっと話が横道に逸れちゃったね(汗)

えっ?自分が使ってるやつは、ギシギシにならない?
そこに実はもう一つの落とし穴が…。
洗浄成分は、メチャ強力なモノが入ってるのに、髪がきしまない。
これは、コンディショニング成分(って言えば聞こえが良いけど…)が、山ほど入っているから。
洗い上がりがやたらツルツルになるヤツとか、メチャメチャ艶が出るモノはちょっと怪しい。
このコンディショニング成分の正体は…シリコーン。
ジメチコンとかシクロメチコンとか書いてあるそれです。
これが、良くも悪くも…なんですね。

現在シリコーンは、化粧品と呼ばれるモノには、ほとんどといって良い程入っています。
髪に使うシャンプー・トリートメントに限って言えば、これは風合いを良くする。つまり髪のコート剤として配合されていることが多いんですね。
髪に吸着して、表面をツルツルにしてくれる。
そこだけ見れば、すごく良いんだけど…。
髪に吸着して、流しても取れない。だからツルツルになるんです。
ということは、当然地肌や毛穴にも付いたら取れにくい。

これが、頭皮ベタベタの正体です。
しかも、毛穴がどんどんあり得ないくらい詰まっていきます。
これが、だんだん髪が痩せていく原因にもなります。
また、このシリコーンの膜が蓄積していくと、パーマがかからなくなったり、カラーが上手く染まらなくなる原因になります。

まぁ、こういう事なんです。
シャンプーは、せめて高級アルコール系は避ける。
トリートメントは、成分表示の最初に近いところにシリコーン系の名前が入っているモノ(成分表示は、配合量が多いモノから順に記載される)は頭皮から絶対に付けない。

ちょっと気にしてみて!

美容室にあるケア用品が、市販のモノより高いのは、中身が違うから当たり前なんです。
また機会があったら、その辺の話もしますね!
スポンサーサイト

[2007/07/26 19:35] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masa6227.blog66.fc2.com/tb.php/71-198eddf8









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。