スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

頭キタッ!!! 

先日、ボクの所にいらしたお客さんの話なんだけど、
もう、ホンッとに頭にきた事があって…。
そして、すごく申し訳ないなぁ、とも。

先月、たまたまタイミング会わなくて、
切りたかった日に予約が取れなかったらしく、
どうしてもその日じゃないとダメだったみたいで、
違う美容室に行かれたそうです。


こんな状況になってしまってるのは、本当に申し訳ないなぁ…
って、いつも思ってるんだけど、予約制にしないとメチャメチャになっちゃうし…。
本当は、切りたい時に、いつでもWelcomeにしたいんだけどね…(>_<)

なので、今回の来店はちょっと間が空いちゃってたんだけど、
会ってみてビックリ!

もうねぇ…、僕が一番嫌いな感じ。
ツンツンにストレートで、頭に張り付いたみたいになっちゃって、
オマケに毛先が梳き過ぎてスカスカ…。

正直、ちょっと固まっちゃった。
あまりにも可哀想で…

僕が話し始める前に、開口一番。

「とにかく何とかして欲しい!
今の状態が、ホントに嫌で仕方ない…。」


そして、「ゴメンねぇ…他のとこに行っちゃったから、こんなになっちゃった…。」

何で謝るの???僕に謝る必要なんて全然ないのに…。

それからしばらく、いろいろ話を聞いてたら、
申し訳ない気持ちから、もうだんだん腹が立ってきちゃって。


何にって?
こんな状態にしちゃった美容室に。美容師さんに。

ストレートパーマかけに行ったら、こんなになっちゃった。
柔らかいストレートにしたかったのに、もうあり得ない。
切らないで欲しいって言ったのに、メチャクチャに梳かれた。
しかも毛先がチリチリに傷んでるし、とにかくバサバサに見えて嫌だ。
極めつけは、もっと自然な感じにならないんですか??
って聞いたら、縮毛矯正だから仕方ないんですよ!って言われたらしい。


美容師さんだったら、この状況。
分かりますよね?

縮毛矯正の最悪のパターン。
毛先がビビリまくってる。
もうホントにあり得ない!

ハッキリ言って、新規のご来店のお客様だったら、
無理です!
って、お断りしたかもしれない。



でもねぇ。
この方は、実は僕の小学校の時の恩師なんですね。
しかも、美容室に来るのを毎回すごく楽しみにされてるんです。
この先のヘアスタイルの予定も、一緒に考えて、
長く伸ばして女らしいカールにしたい!ってあんなに楽しみにしてたのに…。

絶対何とかします!!

ってか、言うしかないでしょ。
田中君なら何とかしてくれると思った、って言われたら。
もう、頼れるのは僕しかいないんだから。

大丈夫です!
とは言ったものの、かなり考えた。
久々に超難題だった…。

今ある薬剤をどういう組み合わせで、どういう順番で、どんな風に使えばいいのか。
ここ間違っちゃうと結果でないんだよね…(汗)

結局、形も質感も何とかOKになったんだけど。


あのね、ホントにココでもう一度考えて欲しい。

髪のダメージってさぁ、一回起こしちゃうと、
絶対に元通りにはならないって事。
だって死んでる細胞なんだから…。

つまり再生はしないって事。

だから美容師さんに言いたい。

出来ないのに、わかってないのに、
「わかりました!」
って、簡単に言っちゃダメだよ。

出来ないなら出来ないって言わなきゃ。
わかんなかったら解るまで聞けばいいじゃん。

自分が失敗したのに、言い訳しちゃダメだよ!
まして、お客さんの髪質のせいにしたりして…
まぢ最悪じゃん!!!

みんな美容室って楽しみにして来てくれてると思うんだよね。
それをさぁ…失望させたりしちゃダメじゃない?

僕らはさぁ、薬品を扱ってるわけ。
髪の毛を化学反応させて、物理的な力を加えて、
形変えたり、色々いじくってるわけ。
正しく使えば、すごく良い結果。
お客さんにとっても僕らにとっても。

でもさぁ、一つ間違えるとホントにとんでもないことになっちゃう、
ってことを、絶対に忘れないで欲しい。

髪は2度と元には戻らないんだから…

ほんと…
これ以上悲しんでる人が増えちゃいけないよ。

こういう失敗って、ちゃんと勉強してれば絶対に防げるんだから。
スポンサーサイト

[2007/06/09 18:10] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masa6227.blog66.fc2.com/tb.php/64-5e639b1e









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。