スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

picasso。。。 

しっかり腹ごしらえして、次の目的地に向かいます!

途中の路地で見つけた美容グッズのお店。


ちょっとダサく見えてしますのは何故でしょう…
やっぱ日本のウィッグって進歩してるよね!!

狭い路地をテクテク歩いて、
ハイ、辿り着きました。

DSCN1614.jpg

ピカソ美術館

DSCN1615.jpg

DSCN1617.jpg

DSCN1618.jpg
美術館内のカフェ

DSCN1619.jpg

DSCN1620.jpg

DSCN1621.jpg

結構セキュリティが厳重で、
展示の撮影は一切NG。

なので、写真はこんな感じでスミマセン…


個々は、比較的初期の作品が多く、
(ピカソは元々カタルーニャの出身。バルセロナに住んでいた)
スケッチブックに書いたデッサンや大作を描く前の実験的な下絵も多く展示されている。
それと、後期のピカソの作品しか知らない人が観たらビックリするくらいの、
写実的な絵、版画や焼き物なんかもあります。

いやぁ…もちろんピカソは天才だと思う。
だけど、より芸術的に突き進んでいく土台になっているのは、
やっぱりズバ抜けた観察力や構築力、そしてバランス感。
初期の写実的な作品を観ると、まるで写真と見紛うくらいのリアルな作品が多い。
そして何年もかけて一つの作品を書き上げる忍耐力と、
現状を打破するべく、周囲の批判をもモノともせず突き進んだキュビズムの世界。

好きなことをやって、きっと苦労とは感じていなかったかも知れないけど、
端から見れば、きっと苦悩と困難に溢れた人生だったんじゃないかと、
妄想してしまう。

そんなことに想いを馳せながら、館内のブックストアで気が付いたら1時間半経ってました(笑)
スポンサーサイト

[2008/12/21 19:31] - | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masa6227.blog66.fc2.com/tb.php/182-495b6c6d









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。