スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

感動醒めやらぬまま… 

DSCN1440.jpg
何ですか?
Vespaまでガウディかぶれ??

只今向かっているのは…

DSCN1388.jpg

この写真で分かった貴方は、かなりガウディ通!(笑)

そうです。

DSCN1392.jpg

【グエル公園】

DSCN1372.jpg
Parc Guellって書いてあるの、分かりますか?

DSCN1373.jpg
こんなに可愛い門番小屋が出迎えてくれます。

DSCN1375.jpg
入り口の門。
何となく、グエル邸の装飾の香りがします。

DSCN1379.jpg

入ってすぐ正面。噴水?のオブジェが。

DSCN1378.jpg

DSCN1381.jpg
トカゲのようなオブジェ。
に見えるけど、コレは立派なドラゴン
ガウディの建築には、度々ドラゴンが出てきます。

DSCN1383.jpg
裏から見るとこんな感じ。
タイルのモザイクが本当にキレイです。

DSCN1386.jpg
広場を支える無数の柱。
ここは、住宅街の中心に位置する、市場になるはずでした。

DSCN1384.jpg

DSCN1389.jpg
さっきの市場?の上の広場。
DSCN1391.jpg
広場は、破砕したセラミックとガラスで彩られたモザイクで装飾されたベンチで囲まれています。

DSCN1394.jpg

DSCN1425.jpg

DSCN1436.jpg
広場を更に上から眺める。
無効に広がっているのは、バルセロナの街。
そして更に向こうに見えるのは、昨日行ったモンジュイックの丘。

DSCN1428.jpg

DSCN1431.jpg

DSCN1434.jpg

DSCN1437.jpg

DSCN1438.jpg
公園の上の方をグルッと周って戻ってきました。

グエル公園は、
元々グエル氏がスポンサーとなったガウディ最初の都市開発プロジェクトの一部として作られた高級住宅地。
のはずだったが、山の手にある自然に囲まれた環境の良い住宅地、というコンセプトは、
当時の市民には受け入れられず、全く売れずに、その跡をバルセロナ市が引き取って公園になったんだとか。

DSCN1427.jpg
この建物。
DSCN1424.jpg
??
DSCN1423.jpg
1906年から1926年まで、ガウディが住んでいた。
DSCN1421.jpg
ガウディ邸
DSCN1422.jpg
現在は、ガウディ博物館として、一般公開されています。

DSCN1395.jpg

入り口を入ると、銅像が迎え入れてくれます。

この人が、"アントニ・ガウディ"

ここで思わず立ち止まってしまって、しばらく動けませんでした…。
ガウディの偉大さを感じ、ホントに感動の渦中にいるこの時。
思わず妄想に耽ってしまいます。

DSCN1401.jpg

DSCN1396.jpg

DSCN1400.jpg

DSCN1398.jpg

DSCN1399.jpg

DSCN1404.jpg

DSCN1411.jpg

DSCN1412.jpg

DSCN1413.jpg

DSCN1415.jpg

DSCN1416.jpg

DSCN1417.jpg
この博物館は、入場料3€。
でもサグラダ・ファミリアでコンビネーションを買うとそのチケットで入れます。
(実質1€)
スポンサーサイト

[2008/12/06 00:21] - | TB(0) | CM(1)

先日はありがとう~

v-352う、美しすぎる・・
サグラダファミリアしか知らなかったけど、こんなにいっぱい刺激的な建物があるのねv-405
満喫できてホントよかったねーv-411

ロンドン編があるのかな?
続きのUP楽しみにしてますv-515
[2008/12/15 00:21] ゆき [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masa6227.blog66.fc2.com/tb.php/175-cf9c9165









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。