スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Joan Miro 

スペイン村を出て、再びバスに乗り込み、
更にモンジュイックの丘を登っていきます。

この周辺には、
実は見所満載で、これはオリンピックスタジアムの横にある通信塔。
聖火灯をイメージしてるんだとか。

(またまた写真が微妙…)

そして!
そしてこの先には、Joan Miro ミロ美術館が。
DSCN1177.jpg

DSCN1178.jpg

室内の展示は撮影禁止だったんだけど、
屋外の展示の一部は写真OK!


っつうか、もう圧巻!
メチャメチャ巨大なタペストリーから、粘土で作った超小さい陶器や彫刻、
絵画までホントにてんこ盛り!
流石、バルセロナ出身のミロの地元だけあって、収蔵数が半端無い。

DSCN1180.jpg

DSCN1181.jpg

DSCN1185.jpg

カタルーニャの独特の風土が、数多くの天才を産み出した。
ダリをはじめとしたシュルレアリスムの主唱者であるアンドレ・ブルトンを以てして、
「ミロの絵画こそが真のシュルレアリスムである」と言わしめた数々の作品は、
ただただ圧倒されます。
スポンサーサイト

[2008/11/29 09:15] - | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masa6227.blog66.fc2.com/tb.php/167-4ae2e5f9









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。