スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

仕事納め。 

2008年

今年も本当に充実した一年でした。

12/30日をもって、無事に仕事納めでございます。

この年末は、遠方から帰っていらっしゃる昔からのお客様にもたくさんお会いできて、
毎日が本当に楽しかった。

振り返れば、本当にいろんな事があったし、
反省すべき点も多々…(汗)

全てが来年に繋がる布石として、きっと意味のあることなんだろうと思うので、
一つも無駄にすることのないよう、来年もより一層の努力が必要です。
皆さんのお力添えも必要です。

今年中は、本当にありがとうございました。

2009年もどうぞ何卒、よろしくお願いいたします!!
スポンサーサイト

[2008/12/31 12:27] - | TB(0) | CM(0)

旅行記・完結 

全行程9日間の、バルセロナ・ロンドンの旅。

旅行中にリアルタイムで更新していくつもりで始めたこの旅行記でしたが、
何と!もう大晦日になっているじゃありませんか(汗)

膨大な量の写真の中から、
コレは!と思う物を選んで記事にしてたんだけど、
それでも記事は、これまた膨大な量に…。

もっともっと省略した形で、書いていっても良かったんだけど、
写真を楽しみにしてくれている人もたくさんいたりして、
それなら、出来るだけ見てくれた人が、
何となく自分も行った気になれるように…って感じで。

気が付けば記事数も50を超えてました(笑)

約5年振りに、大型の連休を取って、一人旅に出てみました。

言葉が通じない緊張感。

誰も自分の事を知らない開放感。

少しでも多くの事を身体で感じる為に、五感をフルに働かせた日々の、心地よい疲労感。

どんどん知らなかった事が身体に吸収されていく充実感。


いつの間にか、ブログを書きながら、写真を整理しながら、
もう一度かみしめている自分がいました。

こんな体験が出来るのも、
いつも支えてくれている皆さんと、
僕のわがままをいつもOKしてくれる、相方の隈本君をはじめ、
switchのスタッフ達のおかげです。

このたびを通して、どの程度自分が成長したか?
なんて物は、到底測れる物ではありませんが、
いろんな日々起こる事・物を、感じる間口は、
確実に広くなったと感じるし、
一つ一つの事柄を、自分なりに租借していく力は、
さすがに若い頃に比べると、上がっていると思います。

どのような形で、皆さんにフィードバックできるのかは、
今の段階では分かりませんが、
今後も一人でも多くの方に、Happyを届けられる存在を目指していきたいと思います。

今後も何卒、温かい目で見守っていただけると幸いです。

本当にありがとうございました。
[2008/12/31 12:14] - | TB(0) | CM(1)

帰路に… 

楽しい日々というのは、ホントにあっという間に過ぎていく。

ここはロンドン・ヒースロー空港。

ここからまた、長旅の開始です(汗)

DSCN1848.jpg

DSCN1849.jpg

Tax Refund(VATの還付)の手続きを終え、
Check in カウンターへ。
DSCN1850.jpg

フライトは19:00発なので、まだまだ時間がたくさんある。
DSCN1851.jpg
今日の晩ご飯は、コレ(笑)

DSCN1852.jpg
マフィンが、思いの外かなりのボリューム…。


免税店で、最後のお土産チェックを済ませ、
搭乗ゲートへ向かう。
DSCN1853.jpg

NH202便 19:00発
ロンドン・ヒースロー発 成田行き
12時間かけて、これから帰ります。

[2008/12/31 11:35] - | TB(0) | CM(0)

大取は、SELFRIDGESへ 

お土産は買ったし、
自分の買い物のために(笑)
ロンドン最大級のデパート、SELFRIDGES(セルフリッジ)オックスフォード・ストリート本店へ。
DSCN1842.jpg

DSCN1843.jpg

ハイ・ブランドからステーショナリーまで何でも揃う、品数も売り場面積もハンパじゃない。
日本じゃここまでの品揃えはおそらく不可能に近いんじゃない??

そんなわけで、今回の戦利品、一部ご紹介(笑)
DSCN1827.jpg


DSCN1828.jpg
MULBERRYのバッグ。
DSCN1829.jpg
Jas m.b.のバッグ。

DSCN1830.jpg
これも同じく、Jas m.b.のバッグ。
どちらか一つに決めきれなかった(汗)

DSCN1854.jpg
Puma x Alexander McQueen のスニーカー。

DSCN1855.jpg
そして、半年くらい前にエルメスのヤツを無くしてからずっと,
何か良い感じのヤツがないかな…って、探してたカードケース。
By SMYTHSON。
コレも最終的に1つに絞れず…。

ホント、円高バンザイ!!
[2008/12/31 07:46] - | TB(0) | CM(0)

遂に最終日です…。 

いよいよ、今回の旅も大詰め。
最終日となってしまいました…(泣)

ロンドンについて3日間、ずっと雨だったんだけど、
最終日、何とも気持ちの良い快晴でしょうか!!
DSCN1841.jpg
でも、湿度が低くなったせいか、異常に寒い(汗)
雨が降ってた方が寒く感じない分、ちょっと複雑…。

まぁ、泣いても笑っても、今日で最終日。
もたもたしている場合じゃない。

まずは朝飯!
DSCN1832.jpg

DSCN1833.jpg

DSCN1839.jpg
ヤバい!マジで美味そうです!!
DSCN1840.jpg

DSCN1834.jpg
朝飯にもかかわらず、つい甘い物をチョイスしてしまう辺り、
ちょっとヨーロッパかぶれですか??(笑)

DSCN1835.jpg
これ、願い事をしながら食べると、叶うらしいですよ!

DSCN1836.jpg

DSCN1837.jpg

DSCN1838.jpg

[2008/12/31 07:31] - | TB(0) | CM(0)

最後の晩餐 in ロンドン 

イギリスに来ているにも関わらず、
今晩の夕食も、又アジアンな感じで(汗)
今日は、韓国料理です…。

P1060162.jpg
中々本格的です。
(っつか、韓国人のオモニが作ってるんだから当たり前か…)
P1060164.jpg
020-7439-2803
P1060163.jpg
今回、何かとお世話になった、
Mr.Shinnsaku NishidaとMrs.Mayumi Nagashima 。

長嶋は前述の通り、SHIMA時代の同期で、
まぁ言ってみれば、永遠のライバルといった感じでしょうか。

勿論、腕は折り紙付き。
switchのお客さんも、Londonに行く人には、必ず紹介しています。

もし行かれる方は、お気軽にお問い合わせ下さい!!

Kissable  45BrewerStreet,Soho,London,U.K.W1R3FD
Tel 020 7439 2803

[2008/12/31 07:14] - | TB(0) | CM(1)

Cockpit Arts。。。 

HOLBORN駅で降りて、
次なる目的地は…Cockpit Arts
DSCN1821.jpg
たくさんのデザイナー(既にVOGUEとかELLEなどの雑誌、パリコレでの小物の提供などで活躍中の人達も多数)のアトリエ・工房があるんだけど、
普段は、一般人は入れないんだよね。
それが、年に2回だけ一般に公開されるらしく、
たまたま日程が合ったので、行って参りました。
何とこの時だけは、実際に商品をオーダーしたり直接買ったり出来るらしい。
DSCN1822.jpg

DSCN1823.jpg
因みにこちら。
日本人のウィッグ・デザイナー、Yuki Saitoさんのアトリエ。
DSCN1824.jpg
舞台や映画、雑誌撮影など、かなり大きい仕事も手がけてらっしゃるみたい。

【Yukiness】のサイト

他にもテキスタイルやアクセサリー、ニットや靴、バッグにインテリアなど、
メチャメチャたくさんの方達に直接触れ合うことが出来ました。
そうとう良い刺激になりましたよ!
(写真は基本ダメっぽかった…Yukiさんは、僕が日本から来たって言ったら、快くOKしてくれまし
た)

この中から、次世代の大物がたくさん出てくるはずです!
(実際にここから巣立って、活躍している方がたくさんいるそうです)
[2008/12/31 06:56] - | TB(0) | CM(0)

リバプール? 

DSCN1817.jpg
国鉄とかいろんな方面へのターミナル駅、
リバプール・ストリート駅。
DSCN1818.jpg
かなり歩き回ったけど、
マーケット巡り、メチャ楽しかったっす!
DSCN1819.jpg
これからロンドン名物?Tubeに乗って、街中に戻ります。
DSCN1820.jpg
後ろの壁には、大英博物館の広告…。
[2008/12/31 06:38] - | TB(0) | CM(0)

さぁて、お次は… 

スピタルフィールズ・マーケット
DSCN1810.jpg

DSCN1816.jpg

DSCN1813.jpg
スクーターの専門店。
VespaやRambrettaがずらり。
DSCN1814.jpg
つい美容室に目がいってしまう…
DSCN1811.jpg

DSCN1812.jpg
これ、何だか分かりますか??

これ、灰皿なんです。

ロンドンは、建物の中は全て禁煙なんです…(汗)
Barでもどこでも。
だから喫煙は必ず外。

この灰皿、外に置いてあっても、風で灰が飛んでったりもしないし、
穴に吸い殻を入れれば勝手に消えてくれるし、
なかなかアイデア物だなぁ…と変なところで感心しちゃいました(笑)
[2008/12/31 06:31] - | TB(0) | CM(0)

ブリック・レーン・マーケット 

DSCN1794.jpg
コロンビアロードをあとにして、
DSCN1795.jpg
次に向かうのは、ブリック・レーン・マーケット。
DSCN1809.jpg


DSCN1799.jpg
移動式のコーヒーショップ。
DSCN1800.jpg

DSCN1798.jpg
このおじさん、やたら陽気でしかもメチャ声がデカかった(笑)

DSCN1797.jpg
ここのお店は、日本人のバイヤーがたくさん来てたよ。

DSCN1796.jpg
本物なのかどうなのか…ちょっとキワドい物もあります!

DSCN1806.jpg
現地ではちょっと有名な、
DSCN1801.jpg
ブリック・レーン・ベーグル・ベーカリー
DSCN1802.jpg

DSCN1803.jpg
メッチャ人が並んでました。
DSCN1804.jpg
僕らもちょっと食べてみる。
コレはノルウェーサーモンとクリームチーズのベーグル。
結構モチモチしてて美味い!
DSCN1805.jpg

DSCN1807.jpg

DSCN1808.jpg

[2008/12/31 06:20] - | TB(0) | CM(0)

コロンビアロード・Part2 

道路に所狭しとお花が並んでて、
通りの両側には、ショップが建ち並ぶ。
DSCN1793.jpg


DSCN1791.jpg

ここはロブ・ライアンっていうアーティストの作品を扱っているお店。
DSCN1790.jpg

DSCN1786.jpg

DSCN1787.jpg

DSCN1788.jpg

DSCN1789.jpg
日本の雑誌でも、かなり取り上げられている。

超カワイイ帽子のお店を発見。
ショップの方もとても愛想が良く、
DSCN1792.jpg
思わずパシャリ(笑)

[2008/12/31 06:00] - | TB(0) | CM(0)

ロンドン3日目! 

昨日は、朝からダラダラしてたから(汗)
今日は切り替えてちゃんと早起きしました!

日曜日ということで、今日はマーケット巡りへ。

まずは、バスに乗り込んで20分くらいかな?
コロンビア・フラワー・マーケット
DSCN1777.jpg
通りり一面お花市場!
DSCN1776.jpg
リースもいっぱい。
DSCN1779.jpg
脇道に入っていくと…
DSCN1780.jpg
こんな骨董品屋さんも。
DSCN1781.jpg

DSCN1785.jpg
クリスマス用のツリー。
これは、枝が広がんないように、パッキングしてる様子。
金属の筒の周りにくっついてる白いのが網。
筒の中を通すと、網にくるまれて出てくる仕組み。

DSCN1782.jpg
バーガーに目がない私は、ついつい買い食いしてしまう(笑)
DSCN1783.jpg
ベーコンエッグサンド。
ちょっと佐世保バーガーチックでした(^^)/



[2008/12/31 05:59] - | TB(0) | CM(0)

倫敦・中華街! 

一気に荷物が増えちゃったので、
一旦タクシーで、ホテルに荷物を置きに行く。
DSCN1759.jpg
ロンドン名物?黒キャブ。

今晩は、Kissableメンバー長嶋女史、晋作氏とディナー。
店が終わるまで、これまたロンドン名物?
PubへGO!
DSCN1761.jpg

そして長嶋と合流して中華街へ。
DSCN1768.jpg

DSCN1770.jpg

DSCN1769.jpg

DSCN1762.jpg

DSCN1763.jpg
手始めに、小籠包。
DSCN1764.jpg
角煮まん。
DSCN1766.jpg
Banboo Rice(ちまきっぽい感じ)
DSCN1767.jpg
山芋のお好み焼き?(チヂミっぽい感じだけど、関西風のお好み焼きにも似てる)

Tiger Beerを片手に、話にも花が咲く。

っつか、やっぱ飯は何人かで食べた方が美味いね(笑)
いろんなモノがたくさん食べれるし。

スペインじゃ毎食一人だったモンなぁ(爆)
[2008/12/31 05:47] - | TB(0) | CM(0)

Carnaby Street! 

SOHOからほど近い、カーナビー・ストリートに向かう。
ちょっとベタだけど、ロンドンと言えばここでしょ(笑)

DSCN1750.jpg
道中に面白いお店を発見!
DSCN1751.jpg
ここは、かの有名な“Vivienne Westwood”の息子がやっているという、下着屋さん。
ちょっと過激な感じだけど、ディスプレイがメチャお洒落!!

DSCN1752.jpg
そんなこんなで到着!
DSCN1753.jpg

DSCN1757.jpg
何か良く分かんないけど、Libertyの近くの広場では、大道芸人!
DSCN1754.jpg
カーナビーといえば、やっぱりMod's。
DSCN1755.jpg
フレッドペリーのショップ。
DSCN1756.jpg
ここんちは日本にもあるね!
福岡の今泉にも。

今回はここ、DOORS by Jas m.b.とLibertyで、
それぞれBagをGet!

[2008/12/31 05:30] - | TB(0) | CM(0)

London2日目。 

いやぁ…旅行6日目にして、ちょっと朝寝坊な感じ。
現在12:00です。

連日、早朝に起きて遅くまで行動!
って感じだったから、初めてではないロンドンでは、
ちょっと気合いが抜けてしまってる(笑)

今日は、晋作氏のアテンドで、プラプラ買い物でもしようかな…。

オックスフォード・ストリート。
DSCN1738.jpg
流石12月。メチャメチャ人でごった返してる。

取りあえず、SOHOのKissableで晋作に合流。
ショット遅めのランチへ。

DSCN1740.jpg
なかなかお洒落な感じで、料理も美味いらしい。
DSCN1743.jpg

DSCN1741.jpg
ミネラルウォーターのボトルがカワイイ!
DSCN1742.jpg

DSCN1744.jpg

DSCN1745.jpg

DSCN1746.jpg

DSCN1747.jpg
これはフローズン・ベリー。
DSCN1749.jpg
カスタードクリームをかけていただきます。
DSCN1748.jpg

[2008/12/31 05:13] - | TB(0) | CM(0)

Razzle Dazzle! 

晋作が付き合ってくれたおかげで、
あっという間に時間が潰れた。

そろそろ移動しなきゃ。
DSCN1724.jpg
クリスマスっぽいイルミネーションが、街の彼方此方に。
DSCN1722.jpg


そんなわけで、今夜のメインイベント

DSCN1719.jpg
コベントガーデンのSeven Dialsにある劇場にやって来ました。
DSCN1720.jpg
"CHICAGO”
DSCN1721.jpg
映画にもなってるし、知ってる人も多いよね?

劇場の雰囲気も良し。
唄と踊りは圧巻!

日本語のミュージカルは、ちょっと苦手だったりするんだけど、
本場のPlayは中々良いです!
ロンドンに来たら、必ず見に来ます。

一度経験したら、意外と病みつきになるかもよ!!
[2008/12/31 04:57] - | TB(0) | CM(0)

Cafe ! 

Kissableは超忙しそうだったから、余り長居せず、
こちらの共同経営者、っつか長年の友人・Mr.Shinsakuを誘って
Ms.Yukiと一緒にお茶しに行く。

DSCN1710.jpg

DSCN1714.jpg

DSCN1717.jpg

DSCN1718.jpg

ここは、スイーツがメチャ充実してました。
DSCN1711.jpg
まさに人種の坩堝といった感じ。
DSCN1712.jpg

チーズケーキとエクレアをチョイスしてみました。
DSCN1716.jpg
もうメチャ美味!

気が付いたら、コーヒーを3杯、レモネード1杯飲んで、かなり長居してた…。
晋作とは久し振りにゆっくり話したから、ホント話が止まらない(笑)

イギリス・ロンドンの現状やお店のこと、福岡のこと。
話題は尽きないんだけど、日本にいる僕らの感覚よりもずっと、
イギリスでは世界的な経済危機の影響をモロに受けてるらしい…。
[2008/12/31 04:38] - | TB(0) | CM(0)

さぁ、街へ繰り出そう! 

イギリスの冬は、暗くなるのが早い!
DSCN1709.jpg
コレでまだ16:00位だよ…。

DSCN1707.jpg

今晩はミュージカルを見に行くことにしたので、
コベントガーデンにあるPlayGuideへ。
DSCN1708.jpg
丁度良い感じで、20:30から始まる分のチケットをGet!


SOHO Brewer stにある美容室、Kissable Hair&Make
DSCN1739.jpg
ここは、SHIMA時代の同期、長嶋真有美女史がやってて、
5年ぶりにお邪魔してみました。

相変わらず、今日も超忙しいみたい!
[2008/12/31 04:37] - | TB(0) | CM(0)

只今、英国はオーガニック流行。 

荷物も部屋に入れたし、シャワーも浴びたし、ヒゲも剃ったし(笑)
出掛けるとしましょう!

まずは腹ごしらえ。
超軽い2回の朝ご飯しか食べてないからね(爆)

やって来たのは、

プラネット・オーガニック。

ここで扱っている商品は、全てオーガニック。
野菜や果物、ボディケア商品やサプリメント、ペット・フードなど諸々。

DSCN1704.jpg
自分でチョイスして、箱に入れてもらう。
DSCN1705.jpg
箱の大きさをオーダーして、あとはひたすら詰め放題。
DSCN1706.jpg
ラザニアと野菜炒め、マカロニのサラダ。
中々美味しい!

イギリス初回の食事にしては、満足度高し!
[2008/12/31 04:27] - | TB(0) | CM(0)

Inロンドン ホテルに到着! 

今回の宿はこちら。

Radisson Edwardian Grafton
DSCN1725.jpg
ラディソン・グループの4つ星ホテル。

DSCN1730.jpg

DSCN1728.jpg

DSCN1727.jpg

そんなに広くはないけど、ベッドはゆったりしてるし、
中々です。
何よりすごくキレイで生活感に溢れてる。

合格点!
[2008/12/30 02:30] - | TB(0) | CM(0)

やっとロンドンへ(笑) 

搭乗前に一悶着あって、
朝っぱらから疲れちゃった(汗)

いやぁ、慣れない言葉でやり取りすんのって、
ホント疲れる…。

今回の旅行の中で、ある意味一番パワー使ったかもしんない。

まぁ、
そんなこんなで、無事に飛行機に乗り込みました。
DSCN1661.jpg

またもや軽ーい感じで、
本日2回目のBreakfast(笑)
DSCN1691.jpg


着いたぁ!
DSCN1692.jpg

DSCN1693.jpg
ロンドン・シティエアポート
DSCN1694.jpg
っつか…小っちゃい!

うーん…熊本空港くらい?
(この例え、わかんないかな…)

取りあえず、
ここで、持ってきた英ポンドのTCを現金に換える。

ロンドン市内へ移動。
まずは、DLR(Docklands Light Railway)に乗って、Bank駅へ。
DSCN1695.jpg

DSCN1696.jpg

DSCN1697.jpg
Bank駅に到着。
ここからTube(地下鉄)に乗り換え。
DSCN1698.jpg
Northern LineでEuston駅へ。
DSCN1700.jpg
Eustonで更に方向の違うNorthern Lineに乗り換えて、Warren Street駅。
DSCN1701.jpg
やっと到着。

ここが今回の宿泊地なのです。
[2008/12/30 02:18] - | TB(0) | CM(0)

おい!もう時間過ぎてんだけど!! 

さぁ、次の目的地Londonへ。
DSCN1682.jpg
11:45発 LX434便 ロンドン・シティ空港行き。


それがさぁ…これから飛行機に乗ろうって時に、
実は一悶着ありまして…。

搭乗ゲートで、何と引き留められてしまいました(汗)

搭乗チケットとパスポートを持って、
ゲートを通ろうとした、その時です。

係員が何やら難しそうな顔をして、中々チケットを切ってくれません。
パスポートの写真と僕の顔を何度も見比べて…。

そりゃぁ、超バタバタで出てきたからヒゲも剃ってなかったし、
黒のニットキャップを深くかぶってましたよ…。

ここから、質問攻めが!!
すごいフランス訛りの英語で、中々聞き取れない…(汗)

どこから来たんだ??
バルセロナから。
その前は?
日本からです。
バルセロナには何しに来た?
観光です…
ロンドンには何しに行くんだ?
観光です…
お前、スペインに行く前に、フィリピンに行かなかったか??
行ってないよ。っつか、行ったことないし。

パスポートの査証のページを、やたら慎重にチェックされる…。

何でスイス経由なんだ?
乗り継ぎが短いからだよ。
どうしてヒースローじゃなく、シティエアポートに行くんだ??
だから、その便しか取れなかったんだよ!

段々こっちもイライラしてくる。

時計を見たら、もうBoardingTimeになってんじゃん!!
おいおい、僕を見捨てて出発しないでくれよ??

なのに、一向に通してくれる気配無し。

お前、最近アメリカに行っただろ?
最後に行ったのは、6年前っすよ。
9.11の前だけど。
今までに、アメリカへは何回行った?
うん…3回かな。ハワイとかグアムとかも回数に入れるのか?
なら7.8回は行ってるけど。


そうか………。


長い沈黙。

一体何なんだよ!
まさか乗せねぇってんじゃないだろうな?

お前、パスポート以外に何かDocument持ってないか?
ん?ドキュメントって何だ?
書類?
何もそんなモン持ってないだけど…。
えっ?もしかして…。
今回の旅程表(全行程のチケットの綴り)を渡してみた。
福岡→成田→フランクフルト→バルセロナ→ジュネーブ→ロンドン→成田→福岡

良いぞ。
早く行け!

早く行けだぁ??
ずっと止めてたのはあんたじゃんか!!
っつか、旅程表が見たいんだったら、一番最初に言えよ!!!
気が付けば、出発時間を5分オーバーしてる(>_<)

はぁ…置いて行かれなくて良かった(泣)

そう言えば、
ニュースでインドでテロがあったとか、
バンコクの空港が封鎖されたとか言ってたなぁ。

俺、そんなに怪しかったのかな…
[2008/12/30 01:50] - | TB(0) | CM(0)

ジュネーブ空港にて。 

ジュネーブ空港に到着しました。

DSCN1684.jpg
さすがジュネーブ。
何気に時計がROLEX(笑)
DSCN1685.jpg
ゲート間の通路の広告も、
ほとんどが時計のブランド。

ちょっと一息。
DSCN1689.jpg
ここの空港の喫煙所は、
他の空港みたいに排除されてる感が全然無い!
大体どこも、喫煙所は、何か見せ物小屋みたい(汗)な感じだけど、
ここはまるでラウンジみたい。

免税コーナーに来ました。
DSCN1688.jpg
時計屋さんの広さがハンパない!!
やっぱり時計のメッカ。
DSCN1687.jpg
いきなり金額がスイスフランに。
高いのか安いのか全然分かんない…(^_^;)

スイスと言えばチョコレート!
ちょこっといくつか買いたかったんだけど、
何とカードは10フラン以上じゃないと使えない↓↓
っつかスイスフラン…持ってないし!!

[2008/12/30 01:19] - | TB(0) | CM(0)

ジュネーブ?? 

これから、スイス・インターナショナル・エアラインズでジュネーブに向かいます。
DSCN1660.jpg

DSCN1664.jpg
機内食(笑)
かなり軽めのBreakfast。

DSCN1677.jpg

しばらく飛んでる間に、眼下に素晴らしい光景が!
DSCN1668.jpg

DSCN1669.jpg
アルプスの山々。
DSCN1670.jpg
頭ん中でアルプスの少女ハイジの唄がグルグル廻ってた僕は、
ちょっと単純過ぎでしょうか…(笑)
.DSCN1671.jpg

DSCN1674.jpg

DSCN1678.jpg
ちょっと街っぽくなってきた
DSCN1679.jpg
山はあんなに雪に覆われてたけど、
ここはちゃんと人が生活してる感じがするね。
DSCN1680.jpg
さぁ、空港に近付いてきました。
DSCN1681.jpg
ジュネーブ空港に到着です。

フライト時間は1時間40分。
この位の時間なら楽勝!!

何でジュネーブ経由なんだって??

そう。
今回の旅は、実はマイレージが溜まってて、
それを使って飛行機に乗ってるんですね。
つまり、航空券は無料…(笑)

僕はANAのマイレージプログラムを使っているので、
今回の旅程は、全てStar Alianceの航空会社を使わなきゃいけないのです。
で、バルセロナからロンドンに向かうのに、
一番トランジットの時間が短いのを選んだら、
ジュネーブ経由だったというわけです…。
[2008/12/30 00:46] - | TB(0) | CM(0)

さらばバルセロナ… 

えぇ…何とか無事に早起きも出来て、
バルセロナ最終日。
これから空港に向かいます。

しかし寒い…雨も降ってるし。

そして、再びバルセロナ・プラット空港。
4日前に来たのに、すごい前のような…
そのくらい中身の濃い、充実した日々でした。
DSCN1648.jpg
僕が乗るのは、9:05発ジュネーブ行き。
DSCN1650.jpg
あっという間に搭乗時間。
DSCN1652.jpg
ゲートからバスで飛行機に向かう
DSCN1653.jpg

DSCN1654.jpg

DSCN1655.jpg

DSCN1656.jpg

DSCN1659.jpg
短い滞在だったけど、ホントに大満足。

バルセロナには、きっともう一度来ると思う!

旅の途中に出会った人達。
もう会うことはないかも知れないけど…
本当にありがとうございました!!
[2008/12/30 00:37] - | TB(0) | CM(0)

最後の晩餐 in Barcelona 

お土産も確保したし、とりあえず一安心。

ちょっとホテルでシャワーでも浴びて、
それからゆっくりご飯でも食べよう!



さぁ、何を食べようかなぁ??
と、張り切って外に出ようとすると、何と雨が!!

ホテルのドアマンに聞くと、30分前から急に降り出したらしい。
明日も1日降るよ、だって…。

でも、ここでへこたれるわけにはいかない!

ダウンのフードを被って、昼間にチェックしてたバルまで突っ走る!!


入口には、雨宿りしてる人がいっぱい。

DSCN1645.jpg

ちょっとしたおつまみ、ピンチョス。
DSCN1643.jpg

DSCN1644.jpg

夜は軽く、こんな感じで。
セルベッサ(ビール)で乾杯!
DSCN1646.jpg

フッと一息ついて、怒濤の3日間を思い出す。
いやぁ…ホントに濃密な、超刺激的な滞在でした。

明日は、7時のバスに乗らなきゃいけない。
タクシーが6時半に迎えに来る。

早く寝なきゃなぁ…。
って、時間は3時半。

ヤベッ!!
[2008/12/26 17:55] - | TB(0) | CM(0)

Shopping Time ! 

ホテルに戻って、一息。

さぁ、バルセロナ土産を買いに行かなくては!!

再びカタルーニャ広場に向かい、両サイドにあるデパートへ。

DSCN1642.jpg
エル・トリアングレ

DSCN1513.jpg
前述のエル・コルテ・イングレス。

結局、イベリコ豚の生ハムとソーセージを大量に買い込むことに決定!
当たり前だけど、真空パックのモノを(笑)
でも、ショーケースの中に入ってた生ハムを、
おばちゃんが固まりから切り出してくれたヤツ。
あれが1番美味かったなぁ…(笑)


[2008/12/26 17:38] - | TB(0) | CM(0)

一旦帰ろう(汗) 

ちょこちょこお土産買ったり、ピカソ美術館で本を買ったりして、
だいぶ荷物が重くなってきた…(汗)

一旦ホテルに戻ることにしよう。

泊まってた所からすぐ近くにある、
カサ・カルヴェに寄ってみる。

DSCN1636.jpg
DSCN1639.jpg

ここも世界遺産になっている、ガウディの作品群の一つ。
ガウディの作品の中では、比較的地味?な感じもするけど、
第一回バルセロナ市建築年間賞を受賞しているらしい。

[2008/12/26 17:29] - | TB(0) | CM(0)

さぁ、次!次!! 

もうピカソ美術館で、時間食い過ぎた…(爆)

今日は最終日、チャッチャと行かなきゃ、
お土産買う時間がない!!

ピカソ美術館を後にして、
広い広場へ出ると、見えてきたのは、

サンタ・マリア・ダル・マル教会。
DSCN1624.jpg
ちょっと光の加減で写真じゃ見にくいかも知んないけど、
ここも立派な建築です。

ここから、歩いて5分くらいかな??
チョコレート博物館ってのがあって、
チョコレートの製造工程が見学出来たり、
チョコレートで創った色んなオブジェがあったりで、
結構面白かったんだけど、
気が急いてたからか、お土産だけ買って写真をすっかり忘れてた(汗)

先を急ぐ僕は、ここからタクシーに乗って次の目的地へ。

DSCN1625.jpg
カタルーニャ音楽堂
DSCN1626.jpg
ここもユネスコの世界遺産に登録されている、
有名なモデルニスも建築。
DSCN1627.jpg

DSCN1628.jpg

DSCN1629.jpg
中の様子はこんな感じ。
DSCN1630.jpg
まぁ、コンサートホールです。
(って言っても、Rockなんかはやらないよね…)
DSCN1631.jpg
この日は、公演日じゃなかったので、中には入れなかったんだけど、
トイレを借りたついでに、ちょこっと撮影(笑)
DSCN1632.jpg

DSCN1633.jpg


[2008/12/21 19:53] - | TB(0) | CM(0)

picasso。。。 

しっかり腹ごしらえして、次の目的地に向かいます!

途中の路地で見つけた美容グッズのお店。


ちょっとダサく見えてしますのは何故でしょう…
やっぱ日本のウィッグって進歩してるよね!!

狭い路地をテクテク歩いて、
ハイ、辿り着きました。

DSCN1614.jpg

ピカソ美術館

DSCN1615.jpg

DSCN1617.jpg

DSCN1618.jpg
美術館内のカフェ

DSCN1619.jpg

DSCN1620.jpg

DSCN1621.jpg

結構セキュリティが厳重で、
展示の撮影は一切NG。

なので、写真はこんな感じでスミマセン…


個々は、比較的初期の作品が多く、
(ピカソは元々カタルーニャの出身。バルセロナに住んでいた)
スケッチブックに書いたデッサンや大作を描く前の実験的な下絵も多く展示されている。
それと、後期のピカソの作品しか知らない人が観たらビックリするくらいの、
写実的な絵、版画や焼き物なんかもあります。

いやぁ…もちろんピカソは天才だと思う。
だけど、より芸術的に突き進んでいく土台になっているのは、
やっぱりズバ抜けた観察力や構築力、そしてバランス感。
初期の写実的な作品を観ると、まるで写真と見紛うくらいのリアルな作品が多い。
そして何年もかけて一つの作品を書き上げる忍耐力と、
現状を打破するべく、周囲の批判をもモノともせず突き進んだキュビズムの世界。

好きなことをやって、きっと苦労とは感じていなかったかも知れないけど、
端から見れば、きっと苦悩と困難に溢れた人生だったんじゃないかと、
妄想してしまう。

そんなことに想いを馳せながら、館内のブックストアで気が付いたら1時間半経ってました(笑)
[2008/12/21 19:31] - | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。